Close

2017年6月3日

小説家の高橋源一郎さんに作品についての講評をしていただきました(33:24~)。